MENU

着物とパーソナルカラー:イエベ(春秋)とブルベ(夏冬)の似合う色と訪問着の選び方│ 着物ライフスタイル

似合う色の訪問着の選び方

大人世代の着物初心者さんが増えています。
自分に似合う着物や色がわからないことが多いかと思いますが、着こなし上手になる最短の方法は、まずは自分に似合う色を知ることです。
一般的なパーソナルカラーと着物パーソナルカラーには微妙な違いがありますが、重要なのは着物パーソナルカラーの基本である「着物色」です。着物は全体の8割を占める圧倒的な存在感があります。
そのため、着物の色はごまかすことができません。
しかし、重ね着することが多いため、半衿や羽織りなどを工夫することで色の集中を分散させることができます。
さらに、着物の生地には光沢の違いや発色の差があります。
これを上手に活用することで、自分に似合う色や質感を引き立てることができます。
大人の女性の方々にとって、自分に似合う着物を見つけることは特別な喜びです。
ぜひ着物パーソナルカラーを探求し、新たな魅力を引き出してください。

目次

パーソナルカラーで美を纏う!着物の選び方徹底解説

 着物を選ぶのは難しいものです。
 現代では特別な日にしか着ないことが多く、普段の洋服とは違ったポイントがあります。
 そこで、「パーソナルカラー」というメイクの法則を着物選びに応用した方法をご紹介します。
 パーソナルカラーは、自分の肌や髪の色、目の色に合わせて最も似合う色を見つけるための手法です。
 この記事では、パーソナルカラーを活用して、あなたにぴったりの着物を見つけるコツや選び方のポイント、イエベ春とイエベ秋やブルベ夏とブルベ冬の違いなどをやさしく解説します。
 自分に似合う色を知ることで、着物姿がさらに輝き、自信もつくこと間違いありません。
 ぜひ、本記事を参考にして、素敵な着物ライフを楽しんでください。

自分の魅力を引き出す色の選び方:パーソナルカラーで輝く女性に

 「好きな色=似合う色」という考え方は一般的ですが、実際には自分に似合う色を見つけるためには、肌の色や瞳の色、髪の色など、個人(パーソナル)の特徴を踏まえたカラー診断が重要です。
 これがパーソナルカラーの概念です。
 自分自身のパーソナルカラーを知ることは、女性にとってすごく大切なことです。
 なぜなら、それが着物を選ぶ時にも大いに役立つからです。
 似合う色を選ぶことで、自分の魅力を引き出し、周囲にも良い印象を与えることができます。
 この記事では、自分に似合う色を見つけるための方法や、パーソナルカラーの重要性についてやさしく解説します。 
 自分の魅力を最大限に引き出し、自信を持ってファッションを楽しむためのヒントを見つけましょう。

パーソナルカラーで魅力的な着物コーディネートを楽しむ

 パーソナルカラーを知ることには、魅力的なメリットがあります。
 まず、肌の色が明るくなり、気になる部分が目立たなくなる効果があります。
 また、自分に似合う服や髪色、アクセサリーをコーディネートすることができるため、ファッション全体が一層引き立ちます。
 さらに、若々しく健康的な印象や誠実さを感じさせる効果も期待できます。
 これらの効果により、第一印象も良くなることが期待されます。
 パーソナルカラーを知ることで、着物を選ぶ際にも色で迷うことが軽減されます。
 自分に似合う色を知り、それを活かした魅力的な着物コーディネートを楽しんでください。
 あなたの魅力がさらに引き立つこと間違いありません。

自分色を知り、魅力を引き出す!イエベとブルベ

イエベとブルベ

 パーソナルカラーは、個々の肌の色合いや髪、瞳の色、質感などを総合的に考慮して、最も似合う色を見つける手法です。
 肌のトーンや髪や瞳の色に合わせて、温かみのある色やクールな色などを選定します。
 主なタイプとしては、イエベ(イエローベース)とブルベ(ブルーベース)があります。

  • イエベ(イエローベース)
     肌や髪、瞳の色に黄みがかっている人を指します。
     肌が明るく暖かみがあり、髪や瞳の色も温かみのあるものが特徴です。
     イエベの人には、明るく温かみのある色合いが似合います。
     例えば、オレンジやイエロー、温かいピンクなどが挙げられます。
  • ブルベ(ブルーベース)
     肌や髪、瞳の色に青みがかっている人を指します。
     肌がクールで、髪や瞳の色もクールな色合いが多いです。
     ブルベの人には、クールで透明感のある色合いが似合います。
     例えば、クールなブルー、ピンク、パープル、シルバーなどが代表的です。

 イエベとブルベは、パーソナルカラーを見つける際に重要な指標となります。
 自分の肌や髪、瞳の色に合わせて、イエベに似合う色やブルベに似合う色を選ぶことで、より魅力的なスタイルを作ることができます。

「輝く自分を発見!パーソナルカラーフォーシーズンとは?

パーソナルカラーフォースシーズン

 パーソナルカラーフォーシーズンは、パーソナルカラーをさらに細分化し、春、夏、秋、冬の4つの季節タイプに分類します。
 それぞれの季節タイプには、特徴的な肌色や髪の色、似合う色などがあります。
 イエベ(イエローベース)は春と秋の季節タイプに関連付けられ、ブルベ(ブルーベース)は夏と冬の季節タイプに関連付けられます。
 これは、イエベが温かみのある色合いに似合い、ブルベがクールな色合いに似合うとされる傾向があるためです。

  • 春タイプ(ウォームスプリング)
     肌や髪、瞳の色に温かみがあり、明るい色合いが似合います。
     例えば、明るいブラウンやゴールド、オリーブ、コーラルなどが春タイプに似合います。
  • 夏タイプ(クールサマー)
     肌や髪、瞳の色にクールな印象があり、柔らかく透明感のある色合いが似合います。
     例えば、パステルカラーやクールなブルー、ピンク、ラベンダーなどが夏タイプに似合います。
  • 秋タイプ(ウォームオータム)
     肌や髪、瞳の色が温かみがあり、深みのある色合いが似合います。
     例えば、オリーブ、レッド、ダークブラウン、マスタード、オレンジなどが秋タイプに似合います。
  • 冬タイプ(クールウィンター)
     肌や髪、瞳の色がクールでコントラストがはっきりしており、クリアな色合いが似合います。
     例えば、モノトーンやクリアな色、ブラック、ホワイト、ネイビー、エメラルドグリーンなどが冬タイプに似合います。

 これらの特徴を考えると、自分の肌色や髪の色、瞳の色に合わせて、自分にぴったりのパーソナルカラーフォーシーズンのタイプを見つけることができます。
 専門家のカラーコンサルティングを受けると、もっと正確な診断ができます。

セルフチェックで肌色を知る

パーソナルカラーセルフチェック

 以下は、イエベ春イエベ秋ブルベ夏ブルベ冬のセルフチェックのための簡単な質問です。
 これらの質問に「はい」が多い項目が、あなたにぴったりのタイプかもしれません。

  • イエベ春(Warm Spring)
     瞳は、明るいブラウンかソフトなブラック(はい/いいえ)
     ガラス玉の様にキラキラしている(はい/いいえ)
     肌の色は、明るいオークル系で、皮膚が薄め(はい/いいえ)
     すぐに日焼けするが、もどるのも早い(はい/いいえ)
     馴染むアクセサリーは、キラキラした明るいゴールド(はい/いいえ)
     周りから褒められる口紅の色は、ピーチピンクなど明るいオレンジ系(はい/いいえ)
     苦手だと思う口紅の色は、ワインレッド(はい/いいえ)
     明るいベージュを着ると顔色がよく見える(はい/いいえ)
     周りからよく言われる第一印象は、明るい、キュート、かわいい、年齢より若く見える(はい/いいえ)
  • イエベ秋(Warm Autumn)
     瞳は、ダークブラウンかブラック。落ち着いた印象がある(はい/いいえ)
     肌の色は、オークル系でマットな肌(はい/いいえ)
     日焼けしやすく、元にもどりにくい(はい/いいえ)
     馴染むアクセサリーは、黄みの強いゴールド、つや消しのゴールド、ブロンズ(はい/いいえ)
     周りから褒められる口紅の色は、オレンジベージュなど落ち着いたオレンジ系の口紅(はい/いいえ)
     苦手だと思う口紅の色は、ローズピンク(はい/いいえ)
     落ち着いたベージュやブラウンが地味にならない(はい/いいえ)
     周りからよく言われる第一印象は、落ち着いている、大人っぽい、ゴージャス、ナチュラル(はい/いいえ)
  • ブルベ夏(Cool Summer)
     瞳は、赤みのブラウンかソフトなブラック。優しい印象がある(はい/いいえ)
     肌の色は、明るいピンク系の肌。肌の質感はややマット(はい/いいえ)
     赤くなって日焼けしない(はい/いいえ)
     馴染むアクセサリーは、優しい光沢のプラチナ、シルバー(はい/いいえ)
     周りから褒められる口紅の色は、ローズピンクなど明るいローズ系(はい/いいえ)
     苦手だと思う口紅の色は、オレンジ(はい/いいえ)
     ライトグレーやブルーグレーを着ると肌が綺麗に見える(はい/いいえ)
     周りからよく言われる第一印象は、ソフト、優しい、エレガント、爽やか(はい/いいえ)
  • ブルベ冬(Cool Winter)
     瞳は、ブラックか赤みのダークブラウン。白目と黒目のコントラストがはっきりしている(はい/いいえ)
     肌の色は、ピンク系の白色肌、ダーク肌。黄みがかなり強いオークル系の肌、肌に艶がある(はい/いいえ)
     やや赤くなり、その後日焼けする(はい/いいえ)
     馴染むアクセサリーは、艶のあるプラチナ、シルバー(はい/いいえ)
     周りから褒められる口紅の色は、フューシャピンクなど鮮やかなローズ系(はい/いいえ)
     苦手だと思う口紅の色は、オレンジベージュ(はい/いいえ)
     暗めのグレーで顔の印象がはっきりする(はい/いいえ)
     周りからよく言われる第一印象は、シャープ、クール、華やか、印象的(はい/いいえ)

 質問に「はい」が多いタイプが、それぞれの季節タイプに該当する可能性が高くなります。
 ただし、正確なカラータイプを判断するためには専門家のアドバイスを受けることが重要です。

イエベ春
  • 特徴
    • 肌の色
      明るくて温かみがあり、ピンクやオレンジが美しく映える肌色。
    • 髪の色
      明るい茶色や金髪、赤みのある茶色などが多いです。
    • 瞳の色
      明るいブラウンやグリーン、ハチミツ色などです。
  • 似合う色
    • イエロー系
      明るいイエロー、レモンイエローなど。
    • オレンジ系
      パーチ、コーラル、マンゴーなど。
    • ピンク系
      明るいピンク、サーモンピンクなど。
    • グリーン系
      明るい緑、ミントグリーンなど。
    • ブラウン系
      明るいブラウン、キャメルなど。
イエベ秋
  • 特徴
    • 肌の色
      温かみがあり、オリーブやココア色、赤みのある肌色が特徴です。
      肌のトーンはやや暗めで、健康的な印象を与えます。
    • 髪の色
      茶色やダークブラウン、黄みのある赤茶色などが多いです。
      髪のトーンは暖色系が主体で、深みのある色合いがあります。
    • 瞳の色
      ブラウンやアンバー、ダークグリーンなどが一般的です。
      暖色系で深みのある瞳の色が特徴です。
  • 似合う色
    • オレンジ系
      パーチ、コーラル、マンゴーなどのオレンジ系カラーが似合います。
      暖かみのあるオレンジは肌色を引き立てます。
    • レッド系
      レッドやブラウンレッド、マルーンなどの赤みがある色合いがおすすめです。
      深みのある赤は秋タイプによく似合います。
    • ブラウン系
      チョコレートブラウン、キャラメル、ベージュなどの暖色系のブラウンが似合います。
      深みのあるブラウンは肌を引き立てます。
    • イエロー系
      マスタードやゴールドなどのイエロー系カラーが映えます。
      温かみのあるイエローは秋タイプによく似合います。
    • グリーン系
      オリーブ、カーキ、フォレストグリーンなどのグリーン系が似合います。
      深みのあるグリーンが秋のイメージに合います。
ブルベ夏
  • 特徴
    • 肌の色
      クールで柔らかい印象のある、やや青みがかった肌色が特徴です。
      肌のトーンは明るめで、透明感があります。
    • 髪の色
      明るめのブラウン、アッシュ系のブロンド、グレーがかった色などが多いです。
      クールで柔らかいトーンが特徴です。
    • 瞳の色
      明るめのブルー、グレー、グリーンなどが一般的です。
      透明感があり、クールな色合いが特徴です。
  • 似合う色
    • ブルー系
      パステルブルー、スカイブルー、アクアなどの涼やかな青系カラーが似合います。
      透明感のあるブルーが特におすすめです。
    • ピンク系
      ラベンダー、ローズピンク、ライトピンクなどの冷たいトーンのピンクが似合います。
      柔らかく優しい印象を与えます。
    • パープル系
      ラベンダー、ミスティックパープル、ライラックなどのパープル系カラーが映えます。
      クールで上品な印象を与えます。
    • グレー系
      ライトグレー、シルバー、モクグレーなどのクールなグレーが似合います。
      品のある印象を演出します。
    • ミントグリーン系
      ミントグリーン、ペールグリーンなどの爽やかな緑系カラーが似合います。
      清涼感を与えます。
ブルベ冬
  • 特徴
    • 肌の色
      クールで透明感があり、やや青みがかった肌色が特徴です。
      肌のトーンは明るく、クリアな印象を与えます。
    • 髪の色
      ダークブラウン、ブラック、アッシュブロンドなどのクールで深みのある色合いが多いです。
      暗めのトーンが特徴です。
    • 瞳の色
      ダークブラウン、ダークブルー、グリーンなどのクールな色合いが一般的です。
      深みのある色が特徴です。
  • 似合う色
    • ブルー系
      ネイビー、ロイヤルブルー、アイスブルーなどの深みのあるブルーが似合います。
      クールで上品な印象を与えます。
    • グレー系
      チャコールグレー、シルバー、スチールグレーなどの冷たいトーンのグレーが似合います。
      クールで洗練された印象を演出します。
    • パープル系
      ディープパープル、プラム、アイスバーグなどの深みのあるパープルが似合います。
      上品でクールな印象を与えます。
    • ピンク系
      ミディアムピンク、ローズピンク、マゼンタなどの冷たいトーンのピンクが似合います。
      クールでフェミニンな印象を演出します。
    • ブラック系
      深みのあるブラックやブラックネイビーが似合います。
      クールでシックな印象を与えます。

 イエベ春タイプの方へ、春のような陽光の下で輝くあなたにぴったりのコーディネートを紹介します。
 鮮やかで暖かみのあるカラーがあなたの魅力を引き立てます。
 特に「カジュアル・アクティブ」なスタイルを意識すると、あなたの魅力が一層際立ちます。
 素材選びも大切です。ツヤや透明感のある素材や、ふんわりとした薄手の素材を選ぶことで、あなたの魅力が一層輝きます。
 白い着物に明るい緑色の小物を合わせたコーディネートは、あなたの明るく華やかな雰囲気を最大限に活かすことができます。
 もしも、くすみカラーや重厚感のある着物を着る場合には、鮮やかなオレンジや明るい緑色などを合わせることで、顔まわりが暗くならずに、華やかさを引き出すことができます。
 明るいベージュも得意なので、同じ系統のカラーを使ったグラデーションコーディネートもおすすめです。
 あなたの魅力を最大限に引き出すためには、コーディネートの工夫が大切です。
 春のような明るく暖かな雰囲気を持つあなたにぴったりのスタイルを見つけてみましょう。

白系

クリーム系

ピンク系

緑系

 イエベ秋タイプの方へ、温かな印象を引き立てるカラーについてご紹介します。
 あなたにぴったりの色合いを見つけて、魅力を最大限に引き出しましょう。
 温かみのあるパンプキンやマロンは、あなたの温かみを際立たせます。
 また、モスグリーンやオリーブグリーン、アッシュグレーのような渋めの色も、あなたの得意な色合いです。
 これらの色は暗くても地味にならず、シックで華やかな印象を与えるのが特徴です。
 秋の紅葉や熟した果実を思わせる落ち着いたカラーを取り入れると、上品で落ち着いた雰囲気にまとまります。
 例えば、ベージュやダークブラウン、ゴールドのような黄みがかった温かい色は、あなたの肌を艶やかに見せてくれます。
 さらに、小物やアクセサリーも大切です。
 シルバーよりもゴールドが似合い、特にツヤのないマットゴールドのアクセサリーは、あなたの持つマットな質感にマッチします。
 着物にも、お手持ちのアクセサリーをワンポイントとして取り入れてみてください。
 あなたの魅力を引き出す素敵なコーディネートが完成します。

緑系

黃系

茶系

朱系

 ブルーベースのブルベ夏の方へ、あなたにぴったりの色選びのコツをご紹介します。
 青みを含んだ色が得意なあなたには、明るすぎず過ぎない色合いが特に似合います。
 初夏の紫陽花のような優しいソフトな色や、梅雨空のようなスモーキーで淡い色がおすすめです。
 パステルカラーやくすみカラーを選ぶことで、肌の透明感が増し、あなたのフェミニンでエレガントな印象がより一層引き立ちます。
 具体的には、ラベンダー、ライラック、ミントグリーン、パウダーブルー、スカイブルーなどの青みがかった淡い色が似合います。
 赤系の色では、ラズベリーやローズピンク、スイカのような澄んだ赤が爽やかな印象を与えます。
 また、グレージュやくすみピンク、シルバーグレーなどの彩度を抑えたグレイッシュなカラーは、落ち着いた印象で他の色とも調和しやすく、ファッションコーディネートに取り入れやすいでしょう。
 あなたの魅力を引き立てる色選びで、オシャレを楽しんでください。

ピンク系

青系

灰色系

紺系

 ブルべ冬のあなたにぴったりのコーディネートのアイデアをご紹介します。
 鮮やかでメリハリのある色合いの洋服が、あなたの魅力を引き立てます。
 寒色系のビビッドカラーや、明るさがしっかり感じられる色、青みがかった色を選ぶと、ブルべ冬らしい美しさが際立ちます。
 全身のコーディネートを考える際には、モノトーンをベースにして、バッグなどの小物をビビッドカラーにするとバランスが良くなります。
 例えば、白や黒、グレーをベースにした着物に、ピンクや青のビビッドな帯や小物を合わせると、洗練されたモード系のコーディネートが完成します。
 ブルべ冬に特におすすめなのは、濃く鮮やかなブルーを取り入れたコーディネートです。
 特に「ロイヤルブルー」と呼ばれる紫がかった濃いブルーは、ブルべ冬の肌の白さを引き立ててくれます。
 この色はイギリス王室の公式カラーでもあり、洗練された印象を与えることができます。
 白やグレーの着物にロイヤルブルーの帯揚げや帯締めを合わせると、上品さが際立ちます。
 また、お手持ちのアクセサリーにもロイヤルブルーを取り入れてみてはいかがでしょうか?
 この色のアクセサリーは、コーディネートに華やかさと統一感を与えてくれます。
 あなたの魅力を最大限に引き出すコーディネートで、オシャレを楽しんでください。

ピンク系

黃系

白系

パープル系

紺系

まとめ:個性を輝かせるパーソナルカラー

 今回はイエベ・ブルベの基本についてご紹介しましたが、どうでしたか?
 カラーコーディネートを考える際に、着物も特別な衣装ではないということがお分かりいただけたかと思います。
 自分に似合う色を知ることで、着物も洋服と同じように選んで楽しむことができます。
 自分のカラータイプを知ることで、コーディネートがより楽しくなること間違いありません。
 さらに、着物の魅力は色だけではなく、素材や柄、着こなし方にもあります。
 季節や場所に合わせて、さまざまな着物を楽しんでみてください。
 華やかなイベントから日常まで、着物はあなたの魅力を引き立ててくれる特別な存在です。

「自分だけのルールで輝く」

 大切なのは、着物を着ることを楽しみ、自分らしさを表現することです。
 着物だからといって堅苦しく考える必要はありません。
 着物を自由に取り入れて、日常のファッションに彩りを加えてみましょう。
 着物はあなたの魅力を引き立てる素晴らしいファッションアイテムです。
 どんなシーンでも自信を持って着用し、新しいコーディネートの可能性を広げていきましょう。

立場と年齢にマッチした色使い

 友人や同僚との特別な場面において、年齢に合わせた上品で華やかな装いを選ぶことは重要です。
 年齢によって適した地色や柄、デザインを考慮することで、自信と魅力を引き出すことができます。
 20代や30代の若い世代には、明るいパステルカラーがよく似合います。
 特に柄の色数が多い訪問着は、華やかさと活気を演出してくれます。
 同時に、若々しさと爽やかさを強調する効果もあります。
 一方、40代や50代の方々は、やさしい地色がおすすめです。
 金彩や銀彩が施されたデザインは、華美すぎずに上品さをアピールできます。
 年齢に相応しい着こなしを心掛けることで、落ち着いた魅力を放つことができます。
 60代以降の方は、エレガントな地色が適しています。
 薄紫の地色は品のある雰囲気を醸し出し、優雅さを演出するのに適しています。
 年齢に合わせた色選びは、自分らしさを際立たせる大切なポイントです。
 年代的に暗い地色や濃い地色を選びがちですが、明るい色や軽やかな色を積極的に取り入れることで、若々しさや元気さを表現することができます。
 自分の魅力を最大限に引き出すために、色やデザインにもこだわりましょう。

着物の最大の魅力!日本の伝統美を楽しむ

 着物を着ることは、日本文化の美しさを肌で感じる素晴らしい機会です。
 昔の人々が残した風習や習わし、そして風土が生み出した織りや染めの伝統は、着物の柄や素材に息づいています。
 これらの要素には、昔の人々の願いや思いが込められており、それらが織りなす美しさを感じることができます。
 着物の柄には、季節や行事、自然界の美しさを表現したものから、祝福や幸福を願う意匠までさまざまです。
 例えば、桜の花は春の訪れと新しい始まりを象徴し、鶴は長寿や幸福を願うシンボルとして重宝されてきました。
 これらの柄を身に纏うことで、日本の伝統や文化に触れ、その美しさを堪能することができます。
 また、着物の織りや染めにも昔ながらの技術と知恵が活かされています。
 手間暇をかけて丁寧に作り上げられた織りの美しさや、自然の色素を用いた染めの深みは、現代の技術では再現しきれない魅力があります。
 これらの伝統技術が結集された着物は、着る人に豊かな気持ちと喜びをもたらしてくれることでしょう。

ママも晴れ着で家族の喜びをシェア!最新トレンドから定番まで。魅力を引き出す衣裳がここに!

留袖マイセレクトの訪問着一覧を表示する
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次