MENU

幸せな笑顔を写真に収めて:お宮参り記念撮影のヒント│ 着物ライフスタイル

お宮参りの記念撮影のヒント

お宮参りは、赤ちゃんの誕生を祝うとともに、健やかな成長を祈る大切な儀式です。この特別な日の思い出を永遠に残すために、記念撮影は欠かせないものです。しかし、初めての行事であるため、どのように準備すれば良いのか迷う方も多いでしょう。この記事では、お宮参りの記念撮影を成功させるためのヒントを詳しくご紹介します。衣装の選び方から、撮影場所、ベストなタイミングまで、素敵な写真を残すためのポイントをお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

目次

 お宮参りとは、赤ちゃんの成長を神様に感謝し、祝福を受けるために神社を訪れる特別な日です。

 この日には、ママやパパ、そして親しい家族が集まり、神社で祈願を行います。
 その後は、大切な瞬間を写真に残したり、皆で楽しいひとときを過ごしたりすることがあります。
 お宮参りを成功させるためには、予約や確認事項についてしっかりと準備をしておきましょう。

 神社での参拝では、ご祈祷をするのが一般的ですが、ご祈祷を受ける必要はなく、お参りだけでも十分です。

 ご祈祷を希望する場合は、事前に日時を決めて予約を取る必要があります。
 初穂料は一般的に5,000円から1万円程度ですが、実際の料金は神社によって異なるので、予約時に確認しておきましょう。
 また、神社での写真撮影を希望する場合は、事前に撮影可否や撮影場所の制限などを確認しておくことが重要です。

日本の伝統を体験する喜び:お宮参りの意味

 お宮参りは、赤ちゃんの誕生を神や先祖に報告し、健やかな成長を祈る日本の伝統行事です。

 この行事では、赤ちゃんは「祝着(のしめ)」と呼ばれる特別な着物に身を包み、地域の守り神である「産土神(うぶすながみ)」が祀られた神社でお祈りをします。
 古くから存在する赤ちゃんの誕生を神に報告する儀式は、室町時代になって現代のスタイルが形成されました。

 お宮参りは、家族の喜びと神の加護を感じる大切な機会であり、これからお宮参りを迎えるご家庭にとって特別な日となることでしょう。

お宮参りの最適な時期と準備

 宮参りの最適な時期は、地域や家庭によって異なりますが、伝統的には男の子は生後31日目から32日目、女の子は生後32日目から33日目に行われることが一般的です。

 しかし、近年では、その日にちょうど参拝することが難しい場合もあります。
 特に、産後間もないママや赤ちゃんの体調が整っていない場合は、適切なタイミングを選ぶことが重要です。

 現代の多くの家庭では、生後1カ月前後に外出が可能な時期にお宮参りを行うことが一般的です。

 例えば、赤ちゃんの1カ月検診が終わり、家族全員が参加できる日を選ぶケースも増えています。

神社・お寺でのご祈祷

 お宮参りの中心となるのは、神社やお寺でのご祈祷です。
 元々は産土神に誕生の報告をするための行事でしたが、近年では「ご先祖さまに報告したい」「宗教的な理由からお寺での祈祷を希望する」などの理由で、神社だけでなくお寺でもお宮参りが行われることがあります。

 また、神社を選ぶ際には、現在住んでいる地域の氏神様やご自身の地元の神社を選ぶケースだけでなく、有名な神社を選ぶ家族も増えています。

 ご祈祷の受け付け方法や初穂料(ご祈祷料)は神社やお寺によって異なりますので、参拝を決めたら事前にホームページで調べたり、電話で問い合わせるなどして情報を確認しておくことが大切です。

写真撮影はママや赤ちゃんの負担にならないように計画しよう

 「お宮参りには神社やお寺でのご祈祷が欠かせない」という固定観念がありますが、実際には「思い出の写真を撮りたい」「赤ちゃんのことを考えると長時間の参拝は難しい」という方もいらっしゃるでしょう。

 実際、ご祈祷や会食、そして記念写真撮影を1日でこなすのは産後間もないママや赤ちゃんにとっては負担になるため、伝統にこだわらない場合は、ご祈祷を受けずにお参りだけをして写真撮影を楽しむこともできます。

ご祈祷と写真撮影を分ける

 ご祈祷と写真撮影の両方を叶えたいと思っていても、時間的な制約や様々な準備が必要な場合があります。
 一般的に、ご祈祷には約1時間ほどの時間が必要ですが、移動時間や撮影時間、そして食事の時間を考慮すると、1日を費やすことになります。

 時間の制約を解消し、お参りと記念写真撮影の両方を楽しむためには、日程を分けることが一つの方法です。
 別々の日に行えば、余裕を持ったスケジュールを立てることができ、赤ちゃんやママの負担も軽減されます。

 

 お宮参りの一大イベントである記念写真撮影は、特に時間をかけたいものです。
 しかし、神社でのご祈祷から写真スタジオへの移動、さらには会食までを一日に詰め込むと、どうしてもスケジュールが過密になりがちです。
 このため、最近では記念写真撮影を別日に設定するご家庭も増えています。

1日で完結するメリットと注意点

 お宮参り当日に記念写真撮影を行う最大の利点は、1日でお宮参りを完結させることができることです。
 これにより、大人の準備も一度で済み、何度も着付けやスーツの着脱をする必要がありません。
 お祈りの儀式が終わったら、出張撮影サービスを利用して屋外での特別な写真を撮影することも可能です。

ただし、1日に全ての予定を詰め込むことには注意が必要です。
 スケジュールが詰まりすぎると、ママや赤ちゃんの負担が増してしまう可能性があります。
 また、スタジオでの撮影は混雑や赤ちゃんのご機嫌に左右されることもありますので、時間通りに進まないことも考慮しておく必要があります。

 1日で全ての行事を済ませる場合、時間が押して会食の時間に遅れることもあるため、余裕のあるスケジュールを心がけることが重要です。

別日に撮影する利点

 記念写真撮影をお祈りや会食とは別の日に行う場合、余裕を持ったスケジュールで準備ができるため、ママや赤ちゃんへの負担を軽減することができます。
 また、赤ちゃんのご機嫌が良いタイミングで撮影に臨むことができるので、より素敵な写真を撮ることができるでしょう。

一方で、別の日に撮影をする場合、お参りと記念写真のために準備を2回する必要があります。
 また、赤ちゃんの祝着や小道具をレンタルする場合は、2回分の費用がかかることもありますので、予め計画しておくことが重要です。

 さらに、両家の祖父母も撮影に参加する場合は、全員のスケジュール調整が必要になるため、少し手間がかかるかもしれませんが、それでも別日に撮影することで、よりリラックスした雰囲気で楽しい思い出を共有することができます。

お宮参り記念撮影の最適な季節を選ぶポイント

 お宮参りや記念写真の撮影を生後1カ月前後に行いたくても、真夏や真冬などの過酷な気候条件では、赤ちゃんに負担をかけてしまう可能性があります。
 特に、猛暑や極寒の日には赤ちゃんも大人も外出が難しくなるため、快適な気候の時期に撮影を計画することが賢明です。
 お宮参りの日程を柔軟に調整し、春や秋のように過ごしやすい季節を選ぶことで、赤ちゃんもリラックスして撮影に臨むことができ、素敵な笑顔の写真を残すことができるでしょう。
 気候を考慮することで、家族全員が安心して楽しい思い出作りに専念できるはずです。

お宮参り後の次は百日祝い!一石二鳥の思い出作りをご提案

お宮参りの後には、百日祝い(お食い初め)のイベントが待っています。
 一部の地域では、お宮参りと百日祝いを同時に行うこともありますが、それぞれの行事を別々に行うことも多いです。
 特に、生後100日前後に行う百日祝いは、赤ちゃんの体調が安定し、外出しやすい時期です。
 このタイミングでお宮参りと百日祝いの記念写真を一緒に撮影することで、費用を節約しつつ、特別な日の思い出を一度に残すことができます。

お宮参り撮影の服装選び

 お宮参りにおいて家族写真を撮影する際には、参拝と写真撮影を同時に行う場合や、写真撮影のみをする場合でも、服装には注意が必要です。
 特に、お宮参りの家族写真を撮影する場合、赤ちゃん、パパ・ママ、そして祖父母の服装について考えてみましょう。

 赤ちゃんについては、お宮参りの写真撮影において、赤ちゃんの服装には特に注意が必要です。一般的には白羽二重の上に着物(祝い着)、またはベビードレスを着せることが多いですが、必ずしも着物である必要はありません。
 赤ちゃんが動きやすく、快適な服装を選ぶことが大切です。

 パパ・ママについては、赤ちゃんの着物(祝い着)に合わせるのが一般的です。

 ママは黒留袖が同格とされ、訪問着色留袖ワンピースフォーマルなスーツも選べます。
 パパの場合も、礼服スーツを選ぶことが一般的です。紋付き袴も選択肢の一つですが、少数派です。


 祖父母も服装を揃えることが望ましいです。事前に両家で服装を調整し、当日にスムーズに準備を整えましょう。
 お宮参り当日、家族全員が美しい笑顔で写真に収められるように心がけましょう。

 お宮参りの記念写真を撮る際、選択肢は多岐にわたります。
 出張カメラマン一軒家風フォトスタジオ地域の写真館、そして子ども向けの専門フォトスタジオなど、主要な4つの撮影場所があります。
 それぞれの特長や料金相場を比較し、予算や希望に合った場所を選ぶことで、お宮参りの素晴らしい思い出を残すことができます。

出張カメラマン
 カメラマンや撮影時間によって異なりますが、1万円から3万円程度が一般的な料金相場とされています。
 出張カメラマンを選ぶメリットは、比較的低コストでの撮影が可能であり、移動時間が短くて済むこと、美しい景色の中での撮影ができることです。
 一方で、屋外撮影の場合は天候に左右されるリスクがあることや、写真データのみの提供となる場合があること、衣装や小物は自己準備が必要となる点には留意が必要です。

一軒家風のフォトスタジオ
 2万円から4万円程度が一般的な料金相場となっています。
 一軒家風フォトスタジオは、洗練された雰囲気で和装や洋装を問わず、自然で心地よい雰囲気の写真を撮影することができます。
 費用対効果の高い撮影場所として人気があり、屋内なので天候に左右されない利点もあります。
 ただし、背景やセットのバリエーションには限りがあり、商品数も限られていることがありますので、その点を考慮して選ぶと良いでしょう。

地域の写真館
 3万円から5万円程度が一般的な相場となっています。
 地域の写真館は歴史ある店舗が多く、きちんとした趣のある写真を撮影することができます。
 衣装や着付け、ヘアセットなどを提携先で手配できる場合もあり、サービスの質が高いことが魅力です。
 ただし、価格がやや高めに感じられることもありますので、その点を考慮してプランを選ぶと良いでしょう。

子ども向けのフォトスタジオ
 4万円前後が一般的な料金相場となっています。
 子ども向けフォトスタジオでは、お子さまの衣装レンタルや着付け、ヘアセットなどがセットになっていることが多く、特別な準備が不要で気軽に訪れることができます。
 さらに、赤ちゃんを配慮した設備が整っており、外出時のストレスも軽減されます。

 お宮参り記念撮影は、家族の絆と赤ちゃんの成長を写真に収める大切なイベントです。この瞬間を心に刻み、未来にわたって語り継ぐ思い出として、心温まる写真を残しましょう。その日の感動や喜びを一枚の写真に収めることで、年月が経ってもその時の気持ちを鮮明に思い出すことができます。お宮参りを控えたパパやママにとって、お子さまとの特別な瞬間を写真に収めるための参考になれば幸いです。

産着と訪問着のコーデシミュレーション

無添加洗剤と天然植物由来のクリーニングとメンテナンス!赤ちゃんに優しく安心なお宮参りセット

ママも晴れ着で家族の喜びをシェア!最新トレンドから定番まで。魅力を引き出す衣裳がここに!

留袖マイセレクトの訪問着一覧を表示する
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次