MENU

結婚式で輝く父親になるための服装マナーポイント|着物ライフスタイル

父親の服装マナー

結婚式で輝く父親になるための服装マナーポイント

結婚式を控えた新郎のお父様にとって、服装マナーの理解は欠かせません。
まず、結婚式では正装が求められますが、特に新郎のお父様はフォーマルな装いを選ぶことで家族としての品格を示すことが重要です。
今回は結婚式での服装マナーについてまとめました。ご参考になれば幸いです。

目次

父親の衣装選びのポイント

父親の衣裳選びのポイント

会場の格式や雰囲気に合わせた服装を選ぶ

まず、結婚式が開催される会場の格式や雰囲気に合わせた服装を選ぶことが重要です。
結婚式が豪華なホテルやリゾート地で行われる場合、格式高いフォーマルな衣装が求められます。
一方、カジュアルなガーデンウェディングやレストランウェディングの場合は、ややリラックスした服装でも大丈夫です。

具体例として、ホテルや式場での結婚式では、黒色のモーニングコートが最もフォーマルであり格式を重んじた装いです。黒の礼服に白シャツ、白やグレーのネクタイを合わせると、フォーマルさが引き立ちます。また、アクセサリーは控えめにし、ポケットチーフやカフスボタンのみを用いることで上品さを強調できます。結婚式当日にふさわしい服装を心がけることで、新郎のお父様としての役割を十分に果たせるでしょう。

両家で服装の格を揃える

結婚式では、新郎新婦の両家で服装の格を揃えることが重要です。新郎のお父様がフォーマルな服装を選ぶ一方で、他の家族がカジュアルな装いをする場合、統一感が損なわれます。特に両家の父親がモーニングコートを着用することで、片側だけが異なる服装になる可能性を排除し、式全体の調和が保たれます。

例えば、両家の父親が揃ってモーニングコートを着ることで、一方だけが異なる服装をすることによる混乱を避けられます。また、母親の着物の格を揃えることも重要で、全体の統一感を引き立てます。事前に両家で服装について詳細な打ち合わせを行い、格を合わせる準備をすることを強くお勧めします。こうした準備は、結婚式全体の雰囲気を格上げし、参加者全員にとって素晴らしい思い出となるでしょう。

父親の衣装の種類

父親衣裳の種類

結婚式は人生の一大イベントであり、新郎の父親としての服装選びは非常に重要です。
一般的に以下の衣装があります。

  • モーニングコート
  • ディレクタースーツ
  • フォーマルなダークスーツ

モーニングコート

モーニングコートは、結婚式で新郎の父親が着用する最も格式高い衣装の一つです。
黒のカットアウェイコート、グレーのストライプパンツ、ベスト、白のワイシャツ、シルバーや白のタイで構成されています。特に昼間の結婚式に最適で、エレガントかつフォーマルな印象を与えます。この装いは、新郎の父親としての品格を高め、結婚式にふさわしい存在感を示します。モーニングコートを選ぶことで、結婚式のマナーを守りながら、洗練されたスタイルを演出することができます。

燕尾服

燕尾服は、非常にフォーマルな夜の装いとして広く認識されています。特に結婚式や披露宴などの特別な場面において、燕尾服はその格式高いデザインで一際注目を集めます。
黒のコートとパンツ、白のワイシャツ、白蝶ネクタイ、カマーバンド、白のヴェストが基本のセットです。この装いは、新郎の父親や家族が結婚式で身に着けるのに最適で、高貴で洗練された雰囲気を醸し出します。適切なマナーを守りつつ、燕尾服を選ぶことで、結婚式の特別な日に一層の格を加えることができます。

タキシード

タキシードは結婚式などのフォーマルな夜間イベントに最適な衣装です。
黒のジャケットとパンツに特徴的なサテンの襟がついていることが一般的で、白のワイシャツ、黒蝶ネクタイ、そしてカマーバンドやベストを組み合わせます。特にディナー形式の結婚式では、タキシードを着用することでモダンで洗練された印象を与えることができます。新郎の父親やその家族にとっても、タキシードは特別な日のためにふさわしい選択となるでしょう。

黒紋付き羽織袴

黒紋付き羽織袴は新郎の父親にとって伝統的かつ格式の高い選択肢です。
黒羽織、白の長襦袢、袴、白足袋が基本のセットとなります。新郎が和装を選ぶ場合、父親が黒紋付き羽織袴を着用することで、一貫性と調和の取れた式全体の雰囲気を演出できます。この選択により、家族全体が結婚式の格式を高めるだけでなく、和装の持つ伝統的な美しさを最大限に表現できます。

ブラックスーツ

ブラックスーツは新郎の父親や家族にとって、結婚式でのシンプルながら品格ある選択肢です。
黒のジャケット、黒のパンツ、白のワイシャツ、ネクタイが基本セットとなります。このスタイルはモーニングコートやタキシードほど格式が高くないものの、シックでエレガントな印象を与えます。特にカジュアルな結婚式や家族だけの小規模な式に適しており、過度に華美にならず品位を保つことができます。式典の雰囲気に合わせたブラックスーツは、親しみやすさと上品さを両立させる最適なチョイスでしょう。

衣装選びに役立つQ&A

結婚式は新郎新婦だけでなく、家族全体にとって特別なイベントです。特に新郎のお父様が選ぶ服装は重要です。
ここでは、ナイトウェディング、教会式、ブラックスーツの選び方について具体的なアドバイスを提供します。

ナイトウェディングの場合、夕方から夜の結婚式に相応しいエレガントなスタイルをお勧めします。
ブラックスーツは華やかさとフォーマルさを兼ね備え、上品な光沢のある素材を選ぶと良いです。
教会式の場合、神聖な雰囲気に適したシンプルでクラシックなスタイルが求められます。
ブラックスーツはもちろん、落ち着いた色合いのネクタイやポケットチーフで整えると、より洗練された印象を与えます。

このように、新郎のお父様は結婚式に合わせた適切な服装を選ぶことで、式の雰囲気を一層引き立てます。

ナイトウェディングに適した服装は?

ナイトウェディングは昼間の結婚式とは異なり、エレガントで豪華な雰囲気が求められるため、服装にも特別な注意が必要です。お父様には以下のポイントを押さえた服装をお勧めします。

これらの要素を揃えることで、結婚式の夜を一層華やかに迎えることができるでしょう。

教会式に和装はOK?

教会式は通常、洋装が一般的ですが、特定の条件下で和装も問題ありません。
ここでは、その際の注意点を説明します。

 まず、新郎新婦との相談が重要です。新郎新婦が和装を許容する場合、教会式でも問題なく和装が可能です。必ず事前に相談し、確認しておきましょう。また、教会の規約を確認することも忘れないでください。一部の教会では和装が許可されていない場合があります。そのため、教会側に事前に問い合わせて規約を確認することをおすすめします。
 次に、適切な和装の選び方についてですが、教会式で和装を選ぶなら紋付き袴が一般的です。色は黒や濃紺を選び、シンプルで上品なデザインを心掛けましょう。

このように準備をしっかり行えば、教会式での和装も素晴らしい選択となります。

ブラックスーツの選び方

ブラックスーツは、どの形式の結婚式でも無難な選択ですが、適切に選ぶことで一層洗練された印象を与えます。以下のポイントを参考にしてください。

 まず、素材にはウール100%のスーツを選ぶことをお勧めします。これは高級感があり、フォーマルな場にふさわしい選択です。季節に応じて厚さを調整するのもポイントです。

 次に、フィット感が非常に重要です。
スーツが自分の体にしっかりとフィットしているか確認しましょう。特に肩周りや袖の長さには注意が必要です。必要であれば、テーラーで調整してもらうと良いでしょう。

 シャツとネクタイの選び方も重要です。白いドレスシャツとシンプルなネクタイを合わせることで、上品かつフォーマルな印象を与えます。ネクタイの色は黒やシルバーが無難です。

 最後に、アクセサリーの選び方にも注意が必要です。カフスボタンやタイピンなどのアクセサリーは、控えめなデザインを選ぶことで一層品のある印象を演出できます。


シンプルで品のあるデザインを心掛けましょう。

まとめ

一生に一度の日、当店で心に残る花嫁像を見つけましょう

留袖マイセレクトの花嫁和装着物一覧を表示する

レンタルでスマートに、モーニングコートの魅力を堪能!

留袖マイセレクトのモーニング一覧を表示する

結婚式で着付け師も唸る!特別な日に輝く、上質で自分らしいフォーマル衣裳レンタル

留袖マイセレクトの黒留袖一覧を表示する
留袖マイセレクトの色留袖一覧を表示する

最新トレンドから定番まで。魅力を引き出す衣裳がここに

留袖マイセレクトの訪問着一覧を表示する
留袖マイセレクトの振り袖一覧を表示する

成人式期間の振袖レンタルは下記へ

留袖マイセレクトの成人式振袖一覧を表示する
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次